まあるい気持ちでのんびり行こう ♪

 休日ライフエピソード・・・登山日記、旅行・ドライブ、食べ歩き、たまに読書レビューなんかを (^^♪

山旅④ 唐松岳

仙丈ケ岳を下りた後、まっくさんとは仙流荘でお別れし伊那市の宿へ。

宿の向かいの中華屋さんでお気に入りの「ソースカツ丼」を食べながら候補の山域の天気予報をチェック。

どこもまずまずの予報だけど北の方がちょっと良さげな感じかな。

ちょっと遠いけど行くしかないよねーって言うことで8月12日、唐松岳に行ってきました。

4時40分頃に宿を出て白馬八方尾根スキー場へレンタカーを走らせます。ただ、白馬村に近づけば近づくほど空にはどんより分厚い雲が。6時45分頃、黒菱第3リフト前の駐車場に着いた時にはガッスガスの真っ白け (ーー;)

f:id:suteki-hokkaido:20190815171815j:plain

こんな状況でも駐車場は9割程度埋まってて、続々とスタートして行きます。

今更転進なんて出来ないし、ココまで来たんだから行くしかないよね~ってことで...

f:id:suteki-hokkaido:20190815171818j:plain

先ずは第3ペアリフトで何にも見えない黒菱平へ。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171822j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190815171825j:plain

して、北尾根クワッドリフトを乗り継いで八方池山荘へ。ココが今回の実質スタート地点。

7時42分、いじけながらスタート。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171830j:plain

最初はこんな感じの登山道なんだけど昨夜はかなりの雨だったらしく、滑りやすくなった木道と渋滞がけっこうなストレス。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171832j:plain

8時35分、八方池。HPとかでよく見る景色はもちろん見えない。この景色も楽しみの一つだったんだけど...(-_-)

こーなったら仕方ない。今日は修行の日にしよう。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171843j:plain

そーと決まればどんどん行きましょう。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171846j:plain

八方尾根?のトラバース。ここは躓きに注意ですね。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171855j:plain

9時21分、扇雪渓。おおよそ中間地点で多くの人が休憩中。自分も休憩してたんだけど、次第に空が明るくなってきて...

f:id:suteki-hokkaido:20190815171859j:plain

ココで雲の上に出たみたい (^^)

f:id:suteki-hokkaido:20190815171905j:plain

後は絶景のオンパレード~。一気にテンションアップ!っで、あれは白馬三山?よく分んないけど (^^;)

f:id:suteki-hokkaido:20190815171913j:plain

9時46分、丸山ケルンでパチリ (^^)v

f:id:suteki-hokkaido:20190815171915j:plain

五竜岳と後ろに鹿島槍?どちらも登らなきゃならない山です。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171920j:plain

白馬岳方面。いつかは歩きたいけど。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171924j:plain

さー、行きましょう。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171928j:plain

ココを登れば頂上山荘。ちなみに右の尖がりが唐松岳

f:id:suteki-hokkaido:20190815171933j:plain

登って振り返ってパチリ。雲海で下界が見えないのは残念だけど、そんなこと言ったらバチが当たりますね~ (^^;)

f:id:suteki-hokkaido:20190815171938j:plain

10時49分、ココの左下に頂上山荘があって、多くの人がザックをデポしてるけど自分は直行。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171944j:plain

頂上山荘をパチリ。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171941j:plain

さー、あと少しだ。頑張ろう!

f:id:suteki-hokkaido:20190815171948j:plain

11時3分、とうちゃく~~~ \(^o^)/

眺めの方は...

f:id:suteki-hokkaido:20190815172008j:plain

遠くに見えるのは妙高山とか火打山方面?

f:id:suteki-hokkaido:20190815171958j:plain

この方角は蓼科山方面になるのかな?

f:id:suteki-hokkaido:20190815172005j:plain

五竜岳。その後ろの方は雲がかかっていて残念。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171951j:plain

劔岳方面?も残念ながら雲が。

f:id:suteki-hokkaido:20190815171954j:plain

不帰嶮~白馬方面は凄い眺め!さっき、いつかは歩きたいって思ったけど、コレはちょっと無理かも (◎_◎;)

こんな感じで少々雲が多いけどぐるーっとパノラマ360度の大絶景~ (^O^)

ほんと登って良かったです \(^o^)/

っと言うことで...

f:id:suteki-hokkaido:20190815172012j:plain

最後に良く分かんないけど雪渓がイイ感じだったのでパチリ (^^)

この後は頂上山荘に寄ってコーラで一人乾杯して、記念にバッジを買ってのんびり下山しました (^^♪

ちなみに買ったバッジ、唐松岳のを買ったつもりだったのに間違って白馬岳のバッジを買ってしまっていたことはナイショです ^_^;

 

っで、次の日もどこかに登るつもりだったけど飛行機に台風の影響が出るかもということで、飛行機を一日早め無事帰宅。

 

っと言うことで、こんな感じで今回も大満足の山旅でした (^^)v

山旅③ 仙丈ケ岳

どこに登るかは近くなったら天気予報を見ながら考えようと言うことで、行けるかどうかも分からないのにGWの山旅直後に宿と航空券を手配。

 

ちなみにGWの山旅はコチラ 

山旅 ① 木曽駒ケ岳 - present location

山旅 ② 燕岳 - present location

 

っで、無事に夏休みを取ることが出来たけど台風が接近中 (-_-;)

毎日予報と睨めっこ。前日なんて一時間に一度は天気予報をチェック。

行きは大丈夫そうだけど帰りがちょっとマズイかも。でも、何とかなるだろうってことで8月11日、今年2度目の山旅に行ってきました (^^♪

今回の一座目はずーっと登りたいと思っていた仙丈ケ岳。なぜ登りたいのか理由を問われても特に理由なんて無いんですけど (^^;)

とにかく一度登ってみたかった山。

今回は、先にアルプス入りして槍ヶ岳に登っていたまっくさんと一日だけ時間が合ったので仙流荘で待ち合わせ。

当初は甲斐駒もいいね~なんて話してたんだけど、今回は自分の希望で仙丈ヶ岳へ。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081211j:plain

着いたら既に長蛇の列。23人乗り?のバス10台で回してるようだけど第一便に乗れるのかー?って思っていたら案の定乗れず。結局第二便で登山口へ。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081215j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190814081218j:plain

7時少し前、登山口の北沢峠に到着。山頂まで240分。いなり心が折れそうに...(-_-;)

とりあえず行きましょうってことで7:11スタート。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081224j:plain

最初はこんな感じの登山道を行きます。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081227j:plain

合目看板があるのはありがたいけど、ココまでで既に滝汗 (;´Д`)

f:id:suteki-hokkaido:20190814081230j:plain

スタートしておおよそ1時間40分、5合目である馬の背ヒュッテへの分岐に到着。ココはヒュッテ方向には行かず直進で。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081234j:plain

5.5合目あたりからは開けてきて、振り返れば甲斐駒ヶ岳の雄姿が (^^)/

f:id:suteki-hokkaido:20190814081237j:plain

6合目を過ぎればこのとおり~。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081239j:plain

見惚れるまっくさん (^^)

それにしても甲斐駒ヶ岳は良いですね~。完全に厳ついです。そして格好いいです (^O^)

次回は甲斐駒で決まりですね~。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081244j:plain

スタートしておおよそ2時間40分、やっと小仙丈ケ岳 (^^;)

f:id:suteki-hokkaido:20190814081248j:plain

山頂にはガスがかかってきた。ココまででかなり満足しちゃってるんだけど (^^;)

f:id:suteki-hokkaido:20190814081252j:plain

行きましょう。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081257j:plain

山頂まであと20分、頑張ろう!

f:id:suteki-hokkaido:20190814081301j:plain

仙丈小屋をパチリ。この方向は北アルプス

f:id:suteki-hokkaido:20190814081304j:plain

真ん中が山頂なんだけど、全然近づかない (-_-;)

f:id:suteki-hokkaido:20190814081312j:plain

もう一度、仙丈小屋を。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081315j:plain

あと少し。

f:id:suteki-hokkaido:20190814081320j:plain

11:10 やっと到着~ (^^)v  ちょうどコースタイムで登ってきたみたい。

ガスっちゃったけど大満足です (^^)

山頂で少しのんびりしたけど晴れなさそうなので...

f:id:suteki-hokkaido:20190814081200j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190814112153j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190814081204j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190814081208j:plain

仙丈小屋~馬の背ヒュッテ~藪沢小屋経由でのんびり下りてきました。

 

最後の最後でガスってしまい、山頂からの景色はおあずけということになっちゃったけど、それでも大満足の山行になりました。

 

っと言うことで、次はどこに登ろうか天気予報を見ながら考えようましょうかね (^^)

 

※まっくさんからいただいた写真も使わせていただきました。

陰陽座 結成20周年記念ツアー 『生きることとみつけたり【参】』8.3 Sapporo

陰陽座20周年記念全国公演行脚『生きることとみつけたり【参】』に参戦してきました。

f:id:suteki-hokkaido:20190803223219j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190803223221j:plain

 

f:id:suteki-hokkaido:20190803223229p:plain

黒猫の妖艶なパフォーマンス、透き通るような歌声、魂のシャウト...最高の時間でした。

 

ただ、立ちっぱなしでの2時間半はオヤジにはかなりキツイです(*_*;

修行 ~ 美瑛岳

こんな暑い日に山登りなんて~っと思ったけど、予定している遠征が近づいてきたし、少しでもトレーニングはしておかないとねーってことで7月28日(日)、5年ぶりに美瑛岳に行ってきました。

前回登ってからこれだけ間隔が空いたってことは、あまり好きじゃないというか苦手な山なんだけど、そういう山だからそこトレーニングになるだろうってことで...

f:id:suteki-hokkaido:20190729230030j:plain

SCWでは晴れそうな予報ではあったけど大気が不安定との表示が出てたので、もしかしたらとは思っていたけれど、ここまでの分厚い雲は予想外 (-_-;)

レーニング目的とは言え全くヤル気が起きない。でも、わざわざココまで来ちゃってるし、ってことでスタートするんだけど、ヤル気が無い時は写真もあんまり撮らないわけで...

f:id:suteki-hokkaido:20190729221728j:plain

 

f:id:suteki-hokkaido:20190729221708j:plain

っで、ダラダラしてたら函沢まで来ました。ココまで1時間30分。

この時点で、トレーニングだということを忘れている(-_-;)

どこで敗退しようか、そればかり考えてるんだけど、もう少し行ってみることに。

f:id:suteki-hokkaido:20190729221737j:plain

ポンピ沢。函沢からおおよそ10分。

ココからがキツいんだったよなーとか思いながらも、もうちょっと行ってみることに。

っで、何度も何度も休憩しながらダラダラと...

f:id:suteki-hokkaido:20190729221746j:plainスタートして3時間24分、結局登頂(-_-)

f:id:suteki-hokkaido:20190729221725j:plain

ココまで誰とも会わず、山頂を独り占めーなんだけど何にも見えず。まぁ、分かってたことなんだけど。

f:id:suteki-hokkaido:20190729221754j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190729221800j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190729221804j:plain

後は来た道を花なんかを撮りながら...

f:id:suteki-hokkaido:20190729221720j:plain

ダラダラ下りてきました。

のんびりダラダラとは言え、とりあえず少しはトレーニングになったかな。

 

って言うか、この山で晴れたことが無いんですけど(-_-;)

 

何回登れば景色が見られるのだろうか...(-_-)

読んでみた 113

今月は山で遊ぶのに忙しく読書する時間がないくせに、ちょっとでも時間が空けばコーチャンフォーへ行ってしまう。して、行けば買わずにいられないというか、買わなきゃ出てこれないような気がして...(^^;)

今月も積読本が増えてしまったけど、のんびりゆっくり読んでいきましょうってことで、今回も積読本の中からこんなのを読んでみました。

f:id:suteki-hokkaido:20190726211408j:plain

帯の「読後、あまりの衝撃で3日ほど寝込みました...」に惹かれ買っておいた本。

 

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。日本推理作家協会賞受賞。

 

あらすじはこんな感じで、よくあるお話って感じもしたけど、最初から一気に引き込まれ気付けば朝に...これは「徹夜本」と言っていいでしょう。

ただ、寝込みはしませんでしたが (^^;)

 

っと言うことで、今月はせめてあと一冊は読みたいけど...

ラベンダー畑

富良野岳の帰り道。

せっかくなのでちょっとだけ寄り道

f:id:suteki-hokkaido:20190722201523j:plain

f:id:suteki-hokkaido:20190722201556j:plain

ちょうど見頃だったのかな?なかなかイイ感じでした。

ちなみに、某有名ファームと違って混んでないのがグッドです (^^♪

 

7月21日 上富良野町「日の出公園」にて。

みんな大好き富良野岳

7月21日・日曜日、毎年この時期恒例のハイキング、富良野岳に行ってきました。

 

一人だと上ホロまで縦走するんだけど今回は奥さんが参戦ということもあり富良野岳のピストンで。

 

4時56分、十勝岳温泉登山口をスタート。この時間でかなりの数の先行者が。

10時37分に下山したけれど、たくさんの人とスライド。

さすが「みんな大好き富良野岳」です (^^♪

 

と言うことで、いつもように分岐にワープ。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201539j:plain

真ん中の尖がりは十勝岳

とりあえず、この景色が見れただけでOKでしょう。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201553j:plain

後はのんびり山頂へ。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201544j:plain

上富良野の町の方は雲海。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201526j:plain

っで、今日のお目当てはコレ。エゾノハクサンイチゲ

ピークが過ぎているということは分っていたけど、それでもこれだけ咲いてたので良しとしましょう。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201529j:plain

山頂直下から振り返って十勝岳方面を。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201550j:plain

だいぶガスってきたけど...

f:id:suteki-hokkaido:20190722201547j:plain

とりあえずピークハント (^^)v

少し晴れ待ちしようかなーって思ったりもしたけど虫が多くてゆっくりする気になれず...

f:id:suteki-hokkaido:20190722201533j:plain

即刻下山。

f:id:suteki-hokkaido:20190722201536j:plain

っで、下りたら晴れるの法則が発動...とは言え、これだけ景色が見れたから来て正解だったね。

 

っと言うことで、今回も良い山行になりました (^^)v